Copyright (c) NSS KYUSYU Ltd. All Right Reserved.

固体、液体、気体に続く第4の状態と言われるプラズマというものがあります。雷とかもそのひとつの現象であり、空気中でプラズマ放電させることで、大気中の菌を除菌する空気清浄に利用されております。

​弊社のパルスシステムは、独自の技術で水中内でプラズマ放電させることで、水中での除菌や不純物の除去などを加熱などをすることなく、可能となり様々な用途への利用が期待されております。ここでは、解りやすくその原理や、応用例を説明致します。

例えば冷蔵庫に入っている氷(固体)これを温めていくと 水(液体)になり、さらに温めると水蒸気(気体)になります。 さらにこの気体に電気エネルギーを溜めて一気に放出すると、負 電荷を有する電子と正電荷を有するイオンが引き合い、 より激しく運動するプラズマ状態となります。

プラズマってなに?

電子衝突によって、分子の結合が切れると、再結合する相手が いなかったり、自由電子を持ったラジカルが発生します。 また、弊社は強い化学的反応性によって、公害の原因物質と なる有機溶媒の分解、バクテリアの減菌等を大気/水中プラズマ を用いて、海洋・河川・大気(環境)を浄化します。

無限に広がる未知なるプラズマ
装置概要

有機を化学反応により(電離)分子レベルで分解します。

パルスシステム